最高のリスク管理ツール

長い間取引をしてきたトレーダーたちの殆どは、自分たちの成功の要因が適切なリスク管理にあるとしています。この事が、真のトレーダーと、大きく勝つ事があっても安定して利益を上げ続ける事ができないギャンブラーとを隔てている要因です。

リスク管理におけるいくつかの重要な側面には、ストップロスの設定や、ポジションのサイズ設定、利益:リスクの比率、そしてスプレッドや処理費用などの他の料金の考慮などが含まれます。こういった全てがトレーダーのアカウント残高と勝率に影響を及ぼします。

dealCancellationというリスク管理機能

取引からの損失を制限するという事に関しては、エクイティストップや、時間ストップ、そしてテクニカルストップなどの様々なストップロスに馴染みがあるかもしれません。ストップロスを利用する際は、取引の際にリスクにさらされるアカウントの資金の量や、オープンなポジションに資産がロックされる時間、そして自分の考えの無効化を決定するテクニカルレベルを既に設定しているはずです。

これらをまとめると、例えば取引にさらされるアカウントの資金量を1%とし、無効化ポイントを参入価格から200pipとすれば、その特定の取引のためのポジションのサイズを決める事ができます。ですが、こういった計算を自分で行う時間が無い場合に、easyMarketsはスリッページの心配をする事なく損失を制限できるストップロスを保証しています。この機能は、市場のボラティリティが高い時間や、ブラックスワン的なイベントが発生してたときに、追加費用無しで残高がマイナスの値になる事を防止する上で役立ちます。

easyMarketsが提供しているもう1つの役立つリスク管理ツールがdealCancellation機能で、この機能を利用すれば、失効期限までなら取引をキャンセルする事ができます。こういった機能は特段の規定が無い限り殆どの証券で利用する事ができ、dealCancellationのオンにスライドするだけで利用できます。つまり、dealCancellationが利用できる60分以内である限り損失の可能性のある取引からの損失を更に制限できるという事です。

dealCancellation機能にかかる費用は、証券や、ポジションのサイズ、そして市場の状況によって異なる可能性がありますが、その費用は有効化する前に既に明示されています。注文をキャンセルすると、リスクにさらされていた資金がアカウントに返却され、料金が差し引かれますが、ストップアウトで被るよりも少ない損失で済む可能性があります。

最後に、利益または損失の計算には、発生する可能性のあるスプレッドや他の処理費用も組み込まれます。市場のボラティリティが高い場合にはスプレッドが拡大し、利益が減少したり損失が増加したりする事がある事にご注意ください。ですが、固定スプレッドを提供しているeasyMarketsなどのブローカーを利用すれば、追加費用が課される事を心配する事なく、最初から全ての費用を考慮に入れて取引する事ができます。

こういったスプレッドはeasyMarketsのFXスプレッドと価格設定に関する表で簡単に参照する事ができ、こういった情報には各商品のための契約サイズや、pip値、そして必要な最小マージンが含まれています。こういった情報はポジションのサイズの計算だけでなく、他の費用がかかるかどうかなどのブローカーの透明性を確認する上でも便利です。

deal protected with dealCancellation

トレーダーの皆様のご意見