金融市場における重要なバンキングプレーヤー

中央銀行が重要な理由:中央銀行は所在する国の金融政策を決定し、その事が利率に直接的な影響を及ぼすので、通貨の価格とインフレ率が影響を受けます。中央銀行は現地の通貨を安定させ、安定したGDPの成長を維持したり、失業率を減少させ、当該国の全体的な経済の健全性を向上させる事を目指しています。企業が成功を収めるには安定した経済環境が必要で、とりわけ国際企業は為替リスクに直面するために非常に敏感です。

リスク管理におけるいくつかの重要な側面には、ストップロスの設定や、ポジションのサイズ設定、利益:リスク比、そしてスプレッドや処理費用などの他の料金の考慮などが含まれます。こういった全てがトレーダのアカウント残高と勝率に影響を及ぼします。

Why Central Banks Matter

3つの重要なバンキングにおけるインフルエンサー

連邦準備制度(Fed)

アメリカ合衆国の中央銀行である連邦準備制度には100年以上の歴史がありに、同国のために安定した金融システムを構築するという目的を持っています。ウィルソン大統領が1913年に連邦準備法を制定し、連邦準備制度を創設しました。連邦準備制度はアメリカ合衆国の経済を成長させる事を目的として財政政策を決定する責任を負っています。連邦準備制度は各銀行や他の重要な金融機関を統制しています。連邦準備制度は議長が統括する委員会によって統治されています。現在の議長はジャネット・イエレンで、任期は2018年の2月までとなっています。また、彼女は連邦公開市場委員会(FOMC)の代表でもあります。連邦準備制度からの発表には通貨やCFDの市場に大きな影響をもたらす可能性がある事から、世界中のトレーダーたちから注目されています。

欧州中央銀行(ECB)

ヨーロッパ連合の中央銀行であるECBは、ユーロ圏内の価格の安定性の維持と、共通の通貨であるユーロの購買力の成長を目的としています。1998年に創設され、フランクフルトを本拠地とするECBのステークホルダーは28のEU加盟国です。イタリア人のMario Drasiが欧州中央銀行の現在の頭取で、欧州理事会によって指名された執行委員会の代表を務めています。

イングランド銀行(BOE)

「ザ・カンパニー」ともよばれるイングランド銀行は、イギリスの中央銀行です。イングランド銀行は1694年から存続しており、かつては個々人の出資者によって維持されていましたが、第二次世界大戦後の1946年に国有化されました。1998年に財務省法官によって所有される公共団体となりました。イングランド銀行はイングランドとウェールズだけで紙幣を発行する権利を持った銀行です。2011年にはイギリスの金融業界を規制する上で主導的な立場をとるようになりました。BOEの総裁はイギリスの金融政策の議長でもあります。その役割はイギリスの金融政策の準備をし、経済政策を監督する事です。現在の総裁はカナダ人のマーク・カーニーで、この立場に指名された初めての非イギリス人です。彼は当時財務大臣だったジョージ・オズボーンによって指名されました。現在の財務大臣はフィリップ・ハモンドです。彼は財務省と似たような立場として英国政府の上級大臣のレベルにおける金融と経済の課題を任されています。

金融市場は、多くの要因によって動かされており、いくつかの中央銀行はグローバル経済に広範な影響力を持っています。ここではトレーダーたちがその発表に常に注目しておくべき3つの重要なインフルエンサーをご紹介します。

2008年の金融危機以来、世界中の中央銀行はそれぞれの国の経済を立て直すために多くの一般的でない刺激策を試みてきました。金融政策を緩和したり量的緩和を実施したりして経済における資金の流動性をたかめ、消費者の信頼を成長させようとしてきました。投資家たちはかつてないほどに中央銀行の発表と政策に注目し、市場が受けるかもしれない影響のヒントを探しました。特定の国の特定の通貨や、商品、もしくはインデックスに投資しているなら、その国の中央銀行の戦略にも注意を払っておいたほうが良いでしょう。easyMarketsの金融カレンダーで最新情報をゲットしましょう。

トレーダーの皆様のご意見