ピップとスプレッドの計算方法

利益と損失を決定することはトレードにおいて重要な部分であるため、ピップスとスプレッドがどのように作用しているかもっと見てみましょう。ピップは資産が生み出す可能性のある最小の価格変動です。FX市場では通貨ペアは四つの小数点で示すため、0.0001の変化は1ピップに等しいです。二つの小数点で示される円ペアでは、1ピップは0.01に等しいです。

Pip(ピップ)とは

例1

ユーロ/米ドルが1.3400から1.3500に上昇した場合100ピップスが反映され、英ポンド/米ドルが1.3450から1.3400に降下した場合は50ピップスの変化が示されます。94.50から95.75まで上昇した米ドル/日本円は125ピップの増加に変換されます。78.50から76.00まで降下した豪ドル/日本円は250ピップの下落を意味します。

一方で、スプレッドはビッド価格とアスク価格の違いです。ビッド価格はブローカーまたは市場参加者がトレーダーから買うレートのことで、アスク価格はトレーダーに売るレートのことです。ビッド価格は一般的に実際の市場レートよりも高く設定されており、アスク価格は実際の市場レートよりも低く設定されています。

例 2

例えば、ユーロ/米ドルのスポットレートが1.3450であるならば、ブローカーはビッド価格を1.3455でアスク価格を1.3445で見積もることができ、そのビッド-アスクスプレッドは10ピップとなります。ユーロ/豪ドルのビッド/アスク値、1.4500/1.4520は20ピップスのスプレッドに変換されます。広いスプレッドはトレード利益を減少、もしくは損失を増大させる場合があるため、しばしば狭いスプレッドが好まれます。計算を簡単にするため、スプレッドを10、20ピップとして示していますが、easyMarketsはユーロ/米ドルにおけるピップスを1.8ピップより提供しています。 詳しくはスプレッドページでeasyMarketsが提供するスプレッドをご覧ください。

潜在的な利益と損失を計算する際、おそらく報酬とリスクの比率が特定のセットアップをおこなう価値があると示しているかどうかを見るために適切な価格を適用することを忘れないでください。というのも、特に一日に複数のポジションを保有するデイトレーダーにとって、スプレッドもまたボトムライン収益性に影響を及ぼすためです。これらのスプレッドは株式、商品、指標、先物にも適用されます。

スプレッドの解説

easyMarketsは、FX、商品、金属、指標、そして仮想通貨という、取引可能な金融商品に競争率の高い固定スプレッドを提供しています。 これにより、スリップページによる追加コストを心配することなく、ブローカーの透明性が確保されます。この方法では、クリックする価格が取得する価格であるため、開始から潜在的なリスクと報酬を計算することもできます。いかなる投資にもリスクは付き物です。トレードリスクだけでなくトレードの費用について確実に理解してください。

トレーダーの皆様のご意見