市場を動かすマクロ経済要因

世界の市場は、より一層絡み合っています。一か国の経済状態が世界の市場に劇的な影響を及ぼす可能性があります。

データ発表、地政学的出来事、そして地球の片隅の悪天候でさえも金融市場に大規模な影響を及ぼすことがあります。以下で一般的に経済、具体的には金融市場に影響を及ぼす重要な要因のいくつかを列挙しています。

地政学的要因

地政学的要因とは、市場を動かす可能性のある政治的または地理的出来事を示します。市民暴動、間近に開催される選挙、戦争は国の政治が市場に影響するいくつかの例です。地理的な出来事には国の製品・サービスの生産力と分配力に影響を与える可能性のある異常気象や地震が含まれます。これらによって生じた損害もまた、インフラの再建に予期せぬ支出が必要となります。貿易は地政学的な出来事によっても影響を受ける可能性があります。政治的に不安定な国は、良い貿易相手国とは考慮されないでしょう。政治制度の変更は事態が落ち着いて財政政策が発表されるまでは通貨価値を停滞させる場合があります。戦争や津波のような大惨事は経済成長に影響を与え、再び通貨の価値の下落を招くことがあります。国が発展しているほど、予期せぬ出来事から素早く回復する場合があります。成熟した市場ほどそういった出来事に柔軟に対応することができます。新興市場においてはこれらの出来事は壊滅的となり、当面は悪影響が感じられるかもしれません。

供給 & 需要

商品とサービスの価値は、需要と供給に左右されます。供給とは、市場でどれだけの商品やサービスが利用可能であるかを意味し、需要とは、どれだけの買い手がその商品やサービスを欲し、購入しているかを意味します。これは通貨や他のCFD市場にも当てはまります。需要と供給の法則とは、需要が高ければ高いほど物価が上昇するということです。供給量が多ければ多いほど、物価は下がります。外貨為替のようなペア取引では、一方の通貨の価格がもう一方の通貨よりも高くなります。これはすなわち、その通貨がカウンター通貨よりも需要が高いということになります。

国際収支

 トレーダーは、ある国の経済と特にその国の通貨の安定性を示す良い指標となるため、貿易収支報告書に注目します。国際貿易に参加する国は、製品やサービスを交換するために金銭を交換します。国際貿易の水準は、国の通貨価値と需要の大きさに対する重要な指標となります。各国は他国から製品を輸入し、自国の製品を輸出します。輸出よりも輸入が多い場合、輸出することで受け取ることの出来る金額よりも輸入する国の通貨を購入するためにより支出をおこなうため、貿易収支は赤字となります。これは、特に取引国の通貨に対する自国通貨の価値に影響を及ぼします。しかし、貿易黒字である場合はその通貨に対する需要が高まります。

産業製品

産業生産報告書は、国の工場と鉱山から生産される生産品に関するデータを提供するため、重要な報告書です。これらの数値は工場・鉱山がどの程度活用されているかをも示しています。肯定的な例としては、生産量と稼働率の増加が挙げられます。これらは、大規模な変化がその国の市場のボラティリティにつながる可能性があるので、注目しておくのに良い指標です。

Macroeconomic Factors that Move the Markets

国内総生産

国の通貨はしばしば、国の経済の全体的な健全性によって規定されます。国内総生産(GDP)は国の一年間に生産された製品とサービスの市場価値を示しているため、経済の健全性の重要な指標となります。それは国の政府、消費者、国際貿易、投資による支出を測り、四半期ごとまたは一年ごとに発表されます。 GDPの数値が高いと、好景気であり、GDPが下落すると不景気であることを意味します。

金利

世界の通貨は国の金利と結びついています。一般的な規則として、レートが上昇すると、通貨価値も上昇します。国を先導する中央銀行の金融政策は金利に影響を及ぼす主な要因であり、国の通貨価値とインフレ全般を制御する手段として利用されるでしょう。高い金利率は人々が自身の現金を国に投資することを促します。そのため、地域通貨に変換する必要があり、地域通貨の価値の高騰に繋がります。ただし、インフレが結果として高騰しすぎた場合は通貨価値が下落する可能性があります。

金融政策

ご存知の通り、中央銀行は国の経済成長に向け、国の財政計画を取り決めます。 中央銀行は通貨供給量とインフレ、利子に焦点を当てています。この政策は課税、政府支出、全体予算に影響を及ぼします。これらの銀行により実施された金融政策が市場に大規模な影響を与えるため、トレーダーが注目すべき重要な発表となっています。

小売り売上高

小売り売上高は、特定の国での消費に関する報告です。小売売上高は、特定の国における支出額を示しています。トレーダーは、四半期ごと一年ごとにこれらの経済指標に注目しています。投資家は実際の数字を見るだけでなく、前回の報告書と比べて、プラスにもマイナスにもどのように変化したかを観察します。小売売上高はGDP報告書の前兆であり、報告書に示されている内容を示している可能性があります。売り上げが好調ということは、消費者心理と消費者が支出に対して前向きであるということを意味します。小売売上高が上昇すれば、現地通貨量が増加するということを示唆します。

雇用データ

雇用データは定期的に発表され、雇用者の変化の割合を示します。高い雇用率対失業率は国民が十分な収入を得て消費力を持っている状態であり、国が好景気であることを示しています。しかし、失業率が高い場合は中央銀行が経済における資金の流入を促すために金利の引き下げを検討する可能性があります。

経済指標

トレーダーは、市場のボラティリティを引き起こす可能性のある関連性の高い経済指標発表と以前の報告書における変更を決められた期間内に見逃さないように経済カレンダーをフォローします。これまでに挙げた指標とは別に最もフォローされている指標には失業率、消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)、購入担当者指数(PMI)、住宅販売、住宅建築着工数が含まれています。

トレーダーの皆様のご意見

keyboard_arrow_left
当社とチャットしましょう!
メッセンジャー
  • 1.FacebookでeasyMarketsにいいねをするかフォローをしてください
  • 2.メッセンジャーを開き、easyMarketsを探してください
  • 3.チャットを開始

当社ではFacebookのチャットのリクエストは
月曜から金曜の8:00-22:00のGMT +2GMT +3に対応しています。

keyboard_arrow_left
当社とチャットしましょう!
WhatsApp
  • 1.以下のeasyMarketsの番号を連絡先に追加してください +357 99 875 998
  • 2.WhatsAppを開き、今追加した番号を選択してください
  • 3.チャットを開始

当社ではWhatsAppのチャットのリクエストは
月曜から金曜の8:00-22:00のGMT +2GMT +3に対応しています。

ありがとうございます

あなたのメッセージを再度確認し、こちらからご連絡を差し上げます。

しばらくの間は以下をご覧ください 学習センター または 当社のFAQを読む

Request failed

Something went wrong. Please try again.

緊急のお問い合わせの際はチャットをご利用ください ここ

keyboard_arrow_left
当社までメッセージをお寄せください

ありがとうございます

カスタマーサービスの担当者がすぐに折り返しご連絡いたします。

緊急のお問い合わせの際はチャットをご利用ください ここ

Request failed

Something went wrong. Please try again.

緊急のお問い合わせの際はチャットをご利用ください ここ

keyboard_arrow_left
連絡する
call
call
折り返し連絡のリクエスト
希望する連絡時間
keyboard_arrow_left
当社とチャットしましょう!

こんにちは!easyMarketsへようこそ。何かご質問ある場合や、サポートが必要な場合は当社がいつでもお手伝いいたします。どうぞお楽しみください。

Request failed

Something went wrong. Please try again.

keyboard_arrow_left
当社とチャットしましょう!
  • 1.QQをオープンして、easyForex易信(800025196)を探してください
  • 2.チャットを開始!